お知らせ

第8回 矢祭町「もったいない図書館」手づくり絵本コンクール 最終審査結果(家族の部)

最優秀賞(1点) 「おばあちゃんのかさふく」/齋藤智子・叶瑚(かこ) (山形県)
(作者からのメッセージ)
 郷土に伝わる「かさふく」という飾りものを通して古布に出会い、ぎこちない手で初めて針と糸を
手にした感動と、自分の願いを託して優しい絵本を作りました。

※ 齋藤智子さん、叶瑚さんは2年連続での最優秀賞受賞となりました。

優 秀 賞(1点) 「ななつのほし」/箕浦純子・社会福祉法人学が丘保育園年長児(兵庫県)
(作者からのメッセージ)
当園では、開園当初より子どもたちと絵本づくりをしています。絵本づくりを通して、命の大切さや
友達に対する優しさなど、たくさんの大切なことを感じることができました。
 子どもたちにとってこの絵本が、大切な宝物になればと思います。

佳  作(1点) 「ぼくゴーヤ」/髙信真諭子・治仁(はるひと) (福島県)
(作者からのメッセージ)
 おじいちゃんが日差しよけとして窓辺にゴーヤカーテンを作ってくれました。
ゴーヤの成長の様子を毎日、窓からながめそれを人間の成長と重ねた、こどもならではのおもしろい絵本ができました。

応募いただいたすべての作品は、10月25日(火)~12月8日(木)まで館内にて展示します。

入  選(3点)
「自分を見たことのないねこ」/高橋明子・愛佳里(あかり) (福島県)
(作者からのメッセージ)
初めての絵本づくりで大変でしたが、頑張って仕上げました。20ページも絵を描くのが大変でした。

「ろぼっとずかん」/田宮文江・在(あきら) (京都府)
(作者からのメッセージ)
あきらの描く形、つくる形はいつもどこかしらユニークで、すてきな世界にあふれています。
そんなカタチの面白さを活かすために、切り絵という制約のある中での表現にしました。

「ふしぎなネックレス けしごむはんこ絵本」/西佳子・奏大(かなた) (岐阜県)
(作者からのメッセージ)
お話、絵はすべて子どもが考え、はんこ作りは親が少しお手伝いしました。
はんこも自分でほれて、親はびっくり。「全てはんこで作る!」とはりきって作りました。
<< 第9回 矢祭町「もったいない図書館」手づくり絵本コンクール最終審査結果(一般の部) | 第8回 矢祭町「もったいない図書館」手づくり絵本コンクール 最終審査結果(一般の部) >>